LOG IN

iPhone 7 Plusの被写界深度エフェクトで撮影してみた

by Tsutomu Kamimori

10月25日に、iOS10.1の配布が始まり、待ち望んでいたiPhone 7 Plusのデュアルカメラを最大限に生かす機能「被写界深度エフェクト」が使えるようになりました。

このエフェクト、思っていた以上に良かったので、食べ物の写真はほとんどこれで撮っています。

記念すべき最初の一枚目

写真に限らずなんですが、なにも考えずに事始めをすると、しょーもないものを撮ったり、筆やペンなどでは書いたりするもので、被写界深度エフェクトを使った記念すべき最初の一枚は、こんなものでした。

機能もよくわからないまま、カメラを起動して、ポートレートモードというのが新たに追加されたので選んでみました。

この絵は、会社の自席で撮ったもので、被写体との距離は30cm以上はあります。ポートレートレートモードをOnにするとまずはこれくらいまでズームされます。その状態で、液晶の被写界深度エフェクトが黄色く光ると、背景がボケます。良い塩梅の構図になったところでシャッター。

被写界深度エフェクト(ポートレートモード)を使った撮影では、デフォルトの設定でエフェクトがかかっていない写真とかかっている写真の2つがカメラロールに保存される(HDRと同様で、通常写真を保存させないことも可能)ので、実際にこのように見比べると効果の有無がよくわかると思います。

こちらは自宅で撮影したもの。iQOSが被写体なので、後ろのスマホや灰皿、PCなどがほのかにボケてる。

食べ物を美味しそうに撮れるポートレートモード

ポートレートモードを利用していて思ったのが、食べ物がこれまでよりも美味しそうに撮れるなぁということ。というのも、通常食べ物を撮影する時は、自席に座って居る状態でテーブルの上に置かれているという状況だと思うのですが、その状態でポートレートモードで被写界深度エフェクトが機能する際のカメラ位置がほぼきまるので、奥行き感や見下ろす角度などがほぼ統一されて撮影したものが良く見えます。

次はこのポートレートモードを使って人物撮影もしてみたいなと思うこの頃。


Tsutomu Kamimori
OTHER SNAPS